モビットの自主広告規制

消費者金融は2010年の貸金業法の改正で大きく変わったのが総量規制ですが、それ以外にも、金利の見直しや広告や宣伝の出し方、取り立て方法など違反すればきびしい罰則が科せられるようになっています。
広告や宣伝には雑誌掲載やテレビCM、インターネット上などさまざまなところでキャッシングに関する広告がありますが、実はこの広告も厳しい規制がかかっておりそれに違反した場合は法的に罰則を受けることになります。
そのため正規の消費者金融は広告や宣伝を出すときは内容をじゅうぶんに検討したうえで掲載するようになおり、当然モビットもこの広告規制を順守しているだけではなく、アフリエイト広告についても禁止事項が細かく決められています。
たとえば、掲載場所で禁止されているのがアダルト、出会い系、ギャンブルに関するサイトや不正ビジネスを紹介したサイト、YouTubeなどの動画サイトへのリンクを含むサイトなどでの使用は禁止されています。
またネット上で多くみられる誇大広告 「他社借入件数」や「ブラックでもOK」「多重債務者」「破産者歓迎」「他店で断られた方」など返済能力がない者を対象にした表記や、「審査が甘い」とか「柔軟審査」、「無職でも借りられる」や「絶対に借入可能」「どこよりも簡単」などの容易な借入を思わせる表記を見ることがありますが、これらはすべて禁止事項になっています。
それ以外にも多くの制限があり、消費者金融の広告規制を順守し健全な会社作りを目指していることがうかがえます。
参照元:モビット限度額増額アップさせるには?審査のポイント

カードローン利用者が増えている

カードローンの利用者は増えています。
バブル全盛期、消費者金融が大きく顧客開拓をし、クレジットカードでの後払いも広まりました。
お金を借りても後から返済するということに全く不安のない時代です。
年齢を重ねると収入が上がるのは当然のことであり、後払いができなくなるそんな心配はなかったでしょう。
ところがバブルがはじけその仕組みは大きく変わりました。
借りた金額が返済できない時代がやってきます。
それでもお金を借りるという行為は終わることはありませんでした。
むしろ、これまでの後払いを心配しない借り入れではなく、お金に困窮してこその借り入れです。
その後、消費者金融はサラ金となり、高利貸しとも呼ばれ、高い金利で貸し付けを行う形が取られました。
金利が高いことがわかっていてもなお消費者金融で借り入れを行う、それはやむを得ないからだったのではないでしょうか。
そして消費者金融は禁断の金利に手をつけました。
いわゆるグレーゾーン金利です。
利息制限法を超えながらも罰則がないあいまいな金利を悪用し、多くの利息を搾取していました。
正規の大手消費者金融がそのようなことをするなど誰が考えたでしょうか。
もしくは消費者金融の金利はそのようなものだと納得したうえでの利用だったかもしれません。
消費者金融などお金を借りるという方法が普及し、それに乗じた消費者金融が多くの利息を取っていました。
ここまでが過去の話です。
2010年、このような消費者金融の不透明な運営に貸金業法が改正されました。
正当な金利だけが使われる仕組みが法律によってつくられ、金融庁も取り立ての自主規制に乗り出しています。
消費者金融は健全な運営をしなければなくなりました。
それに加えて銀行カードローンも広く一般利用客に向けています。
少額のお金を借り入れる先は消費者金融だけではなくなりました。
これまでの運営方法では生き残っていけるものではありません。
なにしろ、銀行という大きなブランド力をもった新しい借り入れ先は、低金利を魅力として広まっています。
太刀打ちをしていくためには消費者金融はサービスに重点を置くこと、そしてなによりも信頼回復に努めなければなりません。
今、私たちは消費者金融カードローンを安全に利用ができるようになりました。
それは安全だという単なる評判ではありません。
法律によってはっきりと示された裏付けがあります。
また銀行カードローンも同じように借り入れができるようになっています。
選択肢が増えています。
借り入れ先が増えることによって、そして安全が確立されたことによって可0ドローンの利用者はまた多くなっています。
7人に1人はカードローンを利用していると聞けばどうでしょう。
多くの人が消費者金融や銀行カードローンを使っています。
ところがすべての人が無事に完済できているわけではありません。
返済ができずに困窮している方もいます。
安全を謳う消費者金融や銀行カードローンのCMと同じように借金解決のための弁護士事務所CMが流れています。
二つの相反するCM、それは安全に利用ができる一方で使い方を間違えば借金に苦しめられることを意味しています。
カードローンは消費者金融でも銀行カードローンでも、安全に利用ができるようになっています。
その使い方を間違えなければ借り入れはピンチを救う救世主になるはずです。
カードローンはどのように使っていけばいいのでしょうか。
基礎知識やそれ以上の応用術を使いながらカードローンを安全に利用していきましょう。